FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
ベッドの恩恵
2007年01月08日 (月) 14:57 | 編集
さて、今朝、目が覚めてあることに気付きました。
布団はツライ、、、ということ。

腰を患ってから昨日までは香港のホテルのベッドで寝起きしていたから恐る恐る起き上がれば何とかなっていたんですね。
いや~、、、布団から起き上がれないんですよ。

旅行出発当日に発症したことでとりあえず4夜はベッドで寝れた、、、これ、ある意味で運が良かったのかも。
加えて、年末に患っていた鼻風邪が完治していたのはラッキーでした。
クシャミ連発だったもの、、、もし時期が重なっていたら、、、恐ろしいことです。

それから、旅行中はロキソニン(鎮痛消炎剤)を4時間毎に飲み続けてましたけど、それも昨夜から止めてるので、かなりツライんですわ。
いや~それにしてもロキソニンは偉大です、、、おかげで酒飲んでも悪酔いしなかったし、、、まぁコレはお勧め出来ませんけど。
痛み止め飲みながら、毎日飲み食いに命かけてるおいらって一体何だったのでしょう。

で、クルマの乗降もままならないけど、何とか診療室まで行って溜まった留守電とファックスとメールのチェックをしました。

単独行動(正確には単独歩行ですか)はまだ不安ですねぇ。

ohhs.gif

それから↑こんな動きはとてもとても恐くて出来やしません。

今回のことで、街や公共施設のバリアフリー度っていうんですかね、そういうものの成熟度がよく解りました。
最近のJRの駅は良く出来ていますねぇ。
空港に至っては、もう完璧に近いです。

それから香港の街も良く出来た街です。
ただし、地下道よりは横断歩道が嬉しいですネ。
もしくはエレベーター付きの歩道橋、もしくは地下道。
エスカレーターは意外と乗降時(特に降りる時)が怖いです。

そして階段の手すりは本当に重要!。
手すりの無い階段の恐いことといったら、、、。
ウチの診療室も入り口に階段がありますが、手すりを後付けしているんですね。

今日、思いました。「取り付けて良かった~」って。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.