FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
無策という政策
2007年05月07日 (月) 19:03 | 編集
次期フランス大統領には保守派のサルコジ氏がなるらしいですね。

彼は格差社会肯定派。
聞こえ良く言うと、「頑張った人には頑張っただけの報酬を」。

対するロワイヤル氏は、貧困層救済派。

、、、どちらが大統領に相応しいのかは分からないですけどね。
少なくともTVカメラの前で感情的になったら負けです。

2007050301000117.jpg

ただですね、おいらの個人的考えですが、政治的無策は格差社会を生むと思うんです。
要するに、政治家が何もしないでいると貧富の差って自然に広がるものでしょう?。
政治家が何もしなければ社会は自然に平等になる、、、ということはないでしょう。

てぇことは、小泉~安倍というのは「何もしなかったし、これからも何もしないです」ということですわな。

ただ、何でもかんでも貧困層を救済すれば良いというものではないですね。
最低賃金が異様に高くなったりしたら、誰も経営者になんかならんわな。
リスク大きすぎるもん。


、、、さて本日、またまたやっちゃいました。
立ったまま靴下を履こうとしたら、、、腰がグキっ。

症状は軽いので、仕事や日常生活は大丈夫ですが。
ちょっと憂鬱です。

関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
えっ?大丈夫ですか?(笑)
立ったまま、靴下履いたら
だめですよ~(笑)
2007/05/09(水) 13:12 | URL | potemari #-[編集]
だめですよね、立ったままは、、、
分かっちゃいるんですけどね。
油断大敵。
2007/05/09(水) 18:18 | URL | mogi #Qi8cNrCA[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.