FC2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
警鐘
2007年10月13日 (土) 09:43 | 編集
首都圏の鉄道は、今年の春からsuicaとpasmoの相互共通利用が出来るようになって、大変便利になりました。
何せ、どの鉄道会社を利用しようが、どう乗り換えようが切符を買わなくていいんですから(反面、どの経路が安いかということを以前ほど気にしなくなりましたが、、、)急いでいる時など、本当に便利です。

しかし、昨日の午前の首都圏の鉄道の駅は、このシステムがダウンして大混乱になりました。
原因は極めて単純な人為的なミス。
たった1カ所で犯した単純ミスが首都圏鉄道全社のシステムにブレーキをかけたわけです。

鉄道各社は全線全駅の改札をスルーにすることで混乱を収拾したようです。
要するに昨日午前の首都圏の鉄道は、JRだろうが江ノ電だろうが完全に無料だったわけですね。

IT化による集中管理には、今回のようなトラブルが必ずついてまわります。

医療も数年後にはITによる集中管理が始まり、個人経営の医療施設もオンライン化が「義務づけ」られる予定です。

同様のトラブルは必ず起きます。
起きないはずがないのです。

実際に起きたら、医療のトラブルは今回の改札トラブルとはわけが違います。

情報漏洩も必ず起きます。

ディズニーランドの顧客情報の漏洩とはわけが違います。
オンライン化を義務づけた厚労省はその責任を負ってくれるのですか?。

医療現場が個々の責任で各々IT化するのは良いでしょう。
しかしそれをオンラインで全て繋いでしまうとどうなるか、、、
ストッパーのないドミノ倒しは止まらないんですわ。

だからさぁ、、、義務づけるのやめようよ、、、

gogo_campaign_01.gif


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.